top of page

おすすめ絵本③ これはのみのぴこ



言葉遊びの絵本でとってもおすすめなのが、谷川俊太郎さんの『これはのみのぴこ』です。


普通の絵本とは違い、ページをめくるごとに一文ずつフレーズが足されていく作りになっていて、どんどん文章が長くなっていきます。最後には、ページを埋め尽くすほどの長文になってしまうんですが、言葉のリズムがおもしろくて声に出して読むのが楽しいのなんの!




最初はキョトンと聞いている子どもたちも、だんだん長くなる文章と共に、どんどんテンションが上がっていきます。読む方も興奮してきますよ。


暗記して全部言いたくなっちゃうくらい耳に残るフレーズたちで、私も子どもの頃、必死になって覚えた記憶があります。


早口言葉みたいに一気に読んでも面白いし、一文づつ交互に読み合ったっていい。暗記競争をしてみても盛り上がっちゃう!

日本語のリズムや、言葉選びの面白さがギュッと詰まったとっても楽しいユニークな絵本です。




Comments


bottom of page